家族が家出したら警察よりも探偵?

 

家族が家出したら警察よりも探偵?

 

愛する家族が家出をしたということになると誰でも心配してしまうものです。
まずは警察に家出人として届を出すということになるでしょうが、そこで探偵に依頼をすることを検討する人もいます。
ですが「家族が家出した時は警察よりも探偵の方が良いのか」と言われると、そうとは言い切れません。

 

もちろん探偵に依頼をすることで家出人を見つけてもらえる可能性は高いですし、多数の家出人を取り扱わなくてはならない警察と比べると、特定個人を探すということで効果が高いのは確かでしょう。
ただ探偵が非常に弱いと言わざるを得ない部分となるのが「家出人が事故などに遭った」という場合です。
誰かが事故に遭ったり事件の被害者になった場合、その情報が真っ先に届くのは探偵ではなく警察です。

 

警察が事故被害者の身元を確認するということになれば間違いなく届けのデータは確認されますから、先に警察に届け出を出しておけば万が一の際にすぐに家族が知ることが出来るというメリットが出てきます。
警察と協力して探偵が調査をするという姿はドラマや漫画、小説などで非常によく目にされますが、実際の法律において探偵には警察が持つ捜査権が認められていません。
ですから事件などになると探偵はその操作に参加することが出来なくなってしまうのです。

 

もちろん先に述べたように個人を探してもらうという意味はありますから、より早く家出人を見つけたいということで警察に届けを出した後で探偵に依頼をするということは非常に良いことです。
しかし「探偵の方が良い」と思い込んで届を出さないということになると、最悪の場合身元不明の遺体として処理されてしまう可能性もあります。

 

そうなってしまえばどれだけ家族が頑張ったとしても、その人を見つけてあげることはできません。
ですから家族が家出をしてしまったという場合には、まず最初に警察に連絡をしたうえで、そこから探偵の力を借りるかどうかを考えるようにするのがベストと言えます。